12月8日
大豆を食べて、脳の働きを良くしよう

大豆にはレシチンという成分が豊富に含まれています。このレシチンは、脳に情報を伝える物質(アセチルコリン)の原料となるため、不足すると脳の働きが鈍くなってきます。事実、アルツハイマー型痴呆症の患者さんの脳内アセチルコリンを調べると、濃度が減少しているといいます。ですから、大豆を摂ることで、レシチンを体に補給する!!そして、脳の働きを活発にしましょう。

前へ

バックナンバー

2006年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。