1月9日
ジャガイモで、胃腸をやさしく整えよう

ジャガイモは、アルカリ性の特性をもっていて、体の酸化を防ぐ役割があります。また、デンプン質によって、加熱してもビタミンCが破壊されにくいという性質があります。胃腸を丈夫にするはたらきがあるとも言われています。男爵は秋から冬かけてが旬ですが、冬の間貯蔵しておくと水分が適度に抜けておいしくなります。腐ったり傷んだイモは避けて、暗くて風通しのいい場所へ保管しましょう。

前へ

バックナンバー

2007年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。