1月11日
エビは、殻と一緒に摂ってみよう

エビのコレステロール値は、牛ロースの約二倍、豚ヒレの約三倍あるといわれています。でも、エビにはタウリンとアスタキサンチンが含まれ、コレステロールの上昇を防ぎ、その酸化を押さえます。また、「エビの殻」にはコレステロールを正常に保とうというキトサンが多く含まれています。ですから、殻をスープに入れたり、一緒にから揚げなどにして食べると非常によいですよ!!食物繊維を多く含む食材と組み合わせると、さらにその力はアップ!ぜひ参考にしてみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2007年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。