1月15日
高熱のカゼには、くずを摂ってみよう

風邪のひき初めには、葛(くず)がお勧め!薬用には一般的に根を使い、「葛根湯」として知られます。解熱をしたり、発汗を促して風邪の治癒を高めるはたらきがあります。効果だけでなく、のどごしがやさしいことから、風邪をひくとくず湯にして飲みます。鍋に大さじ1の本くず粉と水カップ1を入れ、強火にかけてよく混ぜます。とろみがついて透明になったらできあがり。体も温まりますよ。

前へ

バックナンバー

2007年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。