2月26日
小松菜を食べて、便通を促していこう

小松菜は、東洋医学的に、イライラを解消させるといわれています。カルシウムはほうれん草の5倍あるといわれているので、イライラ解消だけでなく、骨粗しょう症などに効果のある食材です。また、豊富に含まれているビタミンCは、非常に熱に弱いため、できるだけ手早く炒めるのがお勧め!!ぜひお試しくださいね!

前へ

バックナンバー

2007年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。