3月21日
ニラを食べて、胃腸の働きを活発にしよう

ニラは、東洋医学で「胃腸」のはたらきを活発にするといわれています。性質的にカラダを温めるはたらきがあり、血液循環をよくするとも言われています。ですから、冬の冷え性改善だけでなく、冷房にさらされるこれからの時期にもいいでしょう。さらには、ビタミンB1の吸収をあげるアリシンも豊富に含まれていますので、ビタミンB1を多く含む豚肉やタラコなどと一緒に摂取するといいですね。

前へ

バックナンバー

2007年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。