4月3日
黒いキクラゲを食べて、浄血しよう

キクラゲは、東洋医学的に肺を潤して、胃を丈夫にするといわれています。さらには、アデノシンという成分が豊富で、中性脂肪を分解して血液を浄化するはたらきがあるのです。ただキクラゲにはビタミン類が豊富にふくまれていますから、ビタミン剤を同時に摂取するのは避けたほうがよさそうです。過剰摂取をする必要はありませんので、上手に料理の材料の一つとして活用してみましょう。

前へ

バックナンバー

2007年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。