4月14日
ビタミンB2で、口内炎を防ごう

ビタミンB2は、粘膜を保護するはたらきがあります。ですから、ビタミンB2が不足すると、唇や舌、目の粘膜に炎症が起こりやすく、口内炎などのトラブルにつながることになるんです。ちょっと最近口内炎ができやすい…という方は、ビタミンB2の含まれる豚・牛・鶏のレバーやうなぎ、干ししいたけなどの食品を意識して摂るようにしましょうね!

前へ

バックナンバー

2007年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。