4月29日
納豆はなるべく、火を通さないでおこう

納豆をチャーハンに入れたり、海苔で巻いてあげたりすることがありますよね!でも、納豆の血液サラサラ成分を生かすのなら、加熱をしないほうが効果があります。納豆のサラサラ成分、ナットウキナーゼは、熱に非常に弱い性質があります。それゆえに、高い温度で加熱をしてしまうと、酵素がはたらくことができなくなってしまうのですね。ですから、より納豆の効能を生かしたいなら、加熱をせずに調理をしたほうがよいといえます。

前へ

バックナンバー

2007年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。