5月31日
カゼインの働きについて知っておこう

カゼインは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に含まれているタンパク質のことです。例えば牛乳なら、そのタンパク質のうち、約75%〜85%を占めるといわれ、体内に入ると各種ペプチドになります。そのペプチドが、カルシウムの吸収を促進したり、食品の栄養素の消化をよくしたり、精神を安定させるはたらきをします。

前へ

バックナンバー

2007年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。