6月14日
小豆を活用して、サポニンを摂ろう

サポニンとは、小豆や大豆を煮たときに出る成分で、主に泡に含まれます。肥満を防いだり、カラダの酸化を抑える働きがあります。ただ、大豆製品の豆腐、おから、みそ、納豆など…これらは製造過程で泡が捨てられたりすることが多くあります。そのため有効成分が微量になってしまいます。だから家庭料理では捨てない!お勧めは、あずきとかぼちゃのいとこ煮。あずきをゆでて、そのゆで汁を他の鍋にいれます。そして、かぼちゃをゆで汁でじっくり煮込む!そしてかぼちゃが柔らかくなったところで、別鍋の小豆そのものも一緒に入れて煮込めば完成!!砂糖、お酒、しょうゆなど、上手に調味料をつかってお試しくださいね!

前へ

バックナンバー

2007年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。