6月16日
フェニールアラニンを活用しよう

フェニールアラニンは、脳と神経の間の伝達をしやすいように働く、必須アミノ酸です。体内ではアドレナリンが生成される途中でできる物質で、ダイエット甘味料などに使われる事もあり、そのほか「抗うつ剤」や、「鎮痛剤」の薬としても用いられています。量は多くありませんが、肉類、魚介類、アーモンドなど、幅広い食品に含まれていますよ。

前へ

バックナンバー

2007年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。