6月21日
パイナップルで、消化を助けよう

パイナップルには、唾液を分泌させたり、胃腸の機能をよくして消化を助け、腸内の有害物質を分解するはたらきがあります。パイナップルに含まれる「プロメリン」という成分は、タンパク質を消化する酵素です。ですからお肉などに添えてあるのは、とても胃腸によいことなのですね!さらには、ビタミンCによる疲労回復効果もあるのです。ただし、プロメリンやビタミンCは、高温に弱いので、弱火や短時間の加熱が調理のコツですよ。

前へ

バックナンバー

2007年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。