7月7日
セサミノールで、老化を防ごう

セサミノールとは、ゴマの種子に含まれている成分で、抗酸化作用があります。細胞が酸化してしまうのを防いだり、コレステロールの数値を抑えて、動脈硬化を予防するはたらきがあります。ゴマ油が酸化しにくいのは、このセサミノールの抗酸化作用のためといわれます。ゴマを食べることで、腸内細菌と結びついてもつくられます。ゴマを摂取する事は、カラダの若返りをすることにつながるのですね!

前へ

バックナンバー

2007年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。