7月12日
舌の味覚を感じるしくみを、理解しよう

私たちの舌の表面には「味らい(みらい)」という味を感知する器官があります。「苦味、甘み、塩味、酸味、うま味」この5つの味覚を、舌には感知する仕組みがあるのです。そう考えると、舌の表面にはセンサーがイッパイ!!ただ、喫煙はそのセンサーを破壊する事にもつながっています。大切なセンサー…あなたは壊し続けてはいませんか?

前へ

バックナンバー

2007年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。