7月24日
納豆の粒とひき割りの違いを知っておこう

納豆には、大豆をまるごと煮てから発酵させた通常の「粒のタイプ」と「ひき割りタイプ」があります。「ひき割りタイプ」というと、粒タイプを包丁で細かく切ったものを思い浮かべがちですが、本来は、炒った大豆を粗く割ってから、煮て発酵させて造られているのです!栄養価は基本的にはほとんど変わらないのですが、ひき割りタイプの方が表面積が大きい状態で発酵されているので、若干ネバネバ成分も多く含んでいます。納豆の違いについて、ちょっと知っておくといいですよ!

前へ

バックナンバー

2007年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。