8月3日
シソを食べて、食中毒を予防しよう

シソには、ペリルアルデヒドという成分が含まれており、ブドウ球菌などを抑制したり、腐敗するのを防ぐはたらきがあります。夏場は食中毒が多くなりますが、そのような傷みやすい食品こそ、上手にシソと一緒に食べると、毒消しの役割として活躍してくれますよ!さらにシソは発汗作用もありますから、冷房などで汗のかけず、体調を崩しやすい体質の方にもピッタリです。薬味として上手に活用してみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2007年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。