8月5日
ハッカの性質について、良く知っておこう

「ハッカ」は、ハーブの一種であるミントの仲間で、よくお菓子や生活用品の香料として使われています。東洋医学的には「涼性」で、余分な熱を取り除くはたらきがあります。それは、その香りや含まれているメントールのせいで、体内の気化熱を奪うためです。だから口に入れたり香りをかぐだけで、清涼感を感じるのですね。発汗作用もあり、熱っぽい風邪をおいはらう働きもありますよ!

前へ

バックナンバー

2007年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。