8月6日
食べものが逆流しない仕組みをしろう

逆立ちしても食べ物を飲み込めるのは、「食道にある筋肉」によって食べ物が運ばれているためです。筋肉が収縮したり、ゆるんだり…それを繰り返しながら、少しずつ約25センチの食道をズンズンと運ばれていきます。そして胃のなかに食べ物が送り込まれると、逆流しないように噴門という入り口がキュッと締まる!それによって逆立ちしても、食べ物が逆流しないのです。体は私たちが毎日の生活で困らないように、様々な仕組みを整えてくれています。

前へ

バックナンバー

2007年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。