8月17日
寝る前に食べ物をたべるのは止めよう

私たちが深い眠りにつくと、新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されます。そのため、体の疲労が回復するんですね。特に最初の1時間にたくさん分泌されるのですが、そのときに「血糖値」が高いと、ホルモンが分泌されにくくなるのです。寝る前にご飯を食べたり、お菓子を食べたりと、血糖値をあげる生活習慣は、疲れを翌日に持ち越すもと!!ちょっとの我慢が、翌朝のカラダを軽くさせますよ!

前へ

バックナンバー

2007年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。