10月25日
適正な睡眠時間を知っておこう

アメリカのクリプケ博士が行った100万人調査によると、「健康に被害のない睡眠時間は7時間!」とされています。そして睡眠時間が短い人と長すぎる人ほど、肥満率が高くなっていたのです。この肥満の理由は、「生体時計のみだれ」!!人間の脳には生体時計があって、食欲、代謝、睡眠をコントロールしています。でも、この「生体時計のみだれ」が起こると、脳が危険!!と判断して、できるだけエネルギーを蓄えようとするのです。その結果、食欲が増してきて、糖分、脂肪をためこみます。太りやすい人ほど、睡眠には十分気を遣っていくことがとても大切ですね!

前へ

バックナンバー

2007年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。