10月28日
空腹時のお菓子は避けよう

お腹がすいているときに「白砂糖」がたっぷり入った甘いお菓子を食べると、「糖反射」というカラダの反応が起こります。これは胃壁のセンサーがたくさんの砂糖に過剰に反応し、胃液の分泌をストップさせたり、腸の運動を弱めてしまうのです。すると、胃もたれが起こったり、胃から腸への移動リズムが狂ってしまいます。空腹を満たすために甘いお菓子を食べるのは、できるだけやめましょう。

前へ

バックナンバー

2007年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。