11月10日
イワシは揚げ物にせず、生で食べよう

イワシをフライや揚げ物にすると、血液サラサラ成分を大量に失ってしまいます、イワシにはEPA、DHAなどの血液サラサラ成分が豊富にふくまれていますが、その成分が高温になることにより酸化してしまうのです。さらに一方で、イワシは揚げ油をドンドン吸収する傾向があります。そのためイワシを揚げたフライ料理は、生の状態よりも1,6倍油量が増えてしまいます。ですから、新鮮なイワシは、できればフライにするよりも、お刺身などで食べるほうが健康的にはよいのです。

前へ

バックナンバー

2007年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。