11月12日
古いお茶を飲むのは、やめよう

古くなったお茶を飲むのは、あまりよいとはいえません。茶筒にいれっぱなしになったお茶をみると、茶色く変色していることがあります。これはお茶の血液サラサラ成分「カテキン」が酸化したサイン!それによって生まれた活性酸素がカラダをサビつかせてしまいます。茶葉は、できる限り新しいうちに飲みきるようにしましょう!

前へ

バックナンバー

2007年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。