11月13日
柿をたべて、アルコールを分解しよう

柿は、東洋医学的に、熱をおさめて、のどを潤すはたらきがあります。さらに現代の研究でもアルコールの分解を早める効果も確認されています。柿にはアルコールゲヒドロゲナーゼという酵素がふくまれており、血中のアルコール分解を促進するはたらきがあるといわれています。ちょっと飲みすぎたときに、デザートで柿をたべるのもいいですね。

前へ

バックナンバー

2007年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。