11月16日
梨を食べて、唾液をたくさん作ろう

梨は、東洋医学的に「唾液の生成を促す」働きがあり、乾いたカラダを潤す効果があります。さらには、「アスパラギン酸」が含まれており、疲労解消や、体力の増強にも効果を発揮する食材です。ただ、寒性の食品であるため食べ過ぎるとカラダを冷やす傾向があります。梨のおいしい季節ですが、食べすぎには注意したいですね。

前へ

バックナンバー

2007年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。