11月21日
サトイモを食べて、胃腸元気にしよう

サトイモは東洋医学的に、「胃腸」を丈夫にするはたらきがあります。サトイモには「ムチン」という成分があります。これは、肝臓を保護したり、胃腸の粘膜を潤して、胃腸を強くする働きがあるのです。さらに「生のサトイモ」には、イボを抑制するはたらきも確認されています。寒い季節、コトコト煮込んで食べるのが楽しみですね!

前へ

バックナンバー

2007年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。