1月5日
納豆で、腸の善玉菌を増やそう

納豆に含まれている「納豆菌」は、乳酸菌の仲間で、腸の善玉菌をふやす働きがあります。胃酸や胆汁の酸にも強く、大腸までとどきやすい菌なのです。その他にも、血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」や、ピロリ菌をやっつけるほどの「抗菌作用」があるといわれます。腸内環境を整えるうえで、とてもよい食材といえますね!

前へ

バックナンバー

2008年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。