1月16日
赤血球の表面をやわらかくしよう

血液の赤い成分「赤血球」は、丸い形をしていて伸びたり縮んだりと形を変えながら、サラサラ流れています。でも血液中の糖分が増えてしまうと、この赤血球の表面が硬くなってしまい、細い血管の途中で詰まりやすくなってしまうのです。甘いものの食べすぎは、血管をつまらせる原因にもなりますので注意しましょう!

前へ

バックナンバー

2008年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。