1月29日
タコを食べて、肝臓を助けよう

タコには豊富なタウリンが含まれていて、肝臓のはたらきを助ける働きがあります。東洋医学的には、出産後の乳の出をよくしたり、皮膚の炎症を抑えたりする効果があります。タコは寒性でカラダを冷やす性質がありますが、ショウガなどの温性とうまく合わせて調理すると、胃腸を冷やさずに、下痢もしにくくなっていいですね。

前へ

バックナンバー

2008年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。