2月11日
ニンニクの芽を食べよう

ニンニクの芽は、スコルジンという成分を多く含み、疲労を回復させたり、心臓のはたらきを活発にする効果があります。さらにニンニクの芽を軽く炒めた時にでる香りは、ニンニクと同様、食欲増進やストレス解消にもつながりやすいのです。ただ加熱しすぎると、味が落ちるだけでなく「抗酸化作用」がある成分が失われてしまいますので、料理の際は注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2008年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。