2月22日
ニンジンのβ-カロテンを摂取しよう

ニンジンは、東洋医学的に「胃腸」のはたらきを活発にするはたらきがあり、五臓の調和をとるとされています。主成分のβ-カロテンは、油でいためると吸収率がアップし、酢とあわさると今度はβ-カロテンを破壊してしまいます。栄養成分も、何と組み合わせるかによって効果が異なってくるんですね。

前へ

バックナンバー

2008年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。