2月27日
歯が酸で溶けることにも、注意しよう

歯に悪いといえば「甘いもの」というイメージを強くあると思います。でも「酢」にも歯のエナメル質を溶かす危険性があるのです。食べ物に含まれる「酸」が歯に触れると、エナメル質が一時的にやわらかくなります。そして、その状態で歯を磨くと、エナメル質が削り取られ「酸蝕菌(さんしょくし)」という状態になってしまうのです。ワインなどにもこの酸が含まれており、エナメル質を溶かす原因になります。でも、だからといって「酸」の含まれていない食事ばかりとるのもナンセンス!!ほどよくバランスのよい食事をたのしむことが大事ですね。

前へ

バックナンバー

2008年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。