3月6日
青いバナナの有効成分について知ろう

まだ若い少し青めのバナナは、熟しきれていないため、時間をおいてから食べる方が多いです。でも、熟し切れていないからこその成分もあります。青いバナナには「難消化性でんぷん」が豊富にふくまれていて、腸の善玉菌をふやすはたらきがあります。難消化性でんぷんは、小腸で消化吸収されずに大腸まで届き、乳酸菌のエサになります。そして善玉菌を増やしていくことで、腸の中をキレイにしていくのです。まだ十分に熟していないバナナにも、よい成分があることを覚えておきましょう。

前へ

バックナンバー

2008年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。