3月21日
サバの成分で血栓を防いでいこう

魚のサバは、東洋医学的に気を高めながら「余分な水分」を排泄するはたらきがあります。さらに現代の研究でも、サバの脂には「EPA」という成分が豊富に含まれていて、悪玉コレステロールを減らしたり、血栓をできにくくするはたらきがあるのです。生活習慣病で悩まれている昨今、サバの効用が非常に注目されています。

前へ

バックナンバー

2008年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。