3月24日
口臭が気になったときには、氷を食べよう

氷を口にふくむと、口腔内の温度がさがります。それにより口臭の元になるガスの発生を防いだり、細菌の活動を抑えることができるのです。お口の中が乾燥していると、細菌が繁殖しやすくさらに口臭が起こりやすくなりますから、口に水分を含むのも非常によいことです。「これから大事な人に会う…」というときには、喫茶店などでジュースの氷をうまく活用するといいですね!

前へ

バックナンバー

2008年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。