4月4日
強いお酒を飲むときは水を横におこう

日本酒、ウイスキー、焼酎など、アルコール度の強いお酒を飲むときには、時々お水を飲むようにしましょう。強いお酒をストレートなどで飲みすぎると「胃潰瘍」や「慢性胃炎」など、大きな病気につながりやすくなります。お酒を飲む頻度の多い人ほど、胃腸を守ることを忘れてはいけません。お水やお茶で割ったり、お酒の横にチェイサーを置いて胃腸に負担がかからないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。