4月6日
顔の洗いすぎに注意しよう

ドライスキンでお悩みの方ほど、肌のお手入れには力を入れていると思います。もちろん化粧品などで補うことも大切ですが、洗顔のしかたを見直してみましょう。特に皮膚の薄い「目の周り」は、何度も洗いすぎたり、洗顔回数を多くしてしまうと、乾燥を招きやすいです。一日の洗顔回数は多くても2回。熱いお湯はお肌の脂分を奪って乾燥させやすいので、ぬるめのお湯や水で洗うのがよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。