4月9日
ピーナッツの薄皮に注目しよう

ピーナッツの赤い薄皮には、皮膚におこる「斑状出血」を、改善させていく働きがあります。さらにはピーナッツに含まれている「メチオニン」という成分も、肝臓のはたらきを高める効果があり、非常に注目されています。ただピーナッツには脂肪酸が多く含まれていますので、食べ過ぎると消化不良を引き起こしやすいです。食べ過ぎにだけ注意すれば非常に良い食材ですから、おやつやサラダなどに上手に活用してみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。