4月11日
青魚の調理方法を考えてみよう

青魚を食べるときにいろいろな調理方法がありますが、EPAやDHAなどの血液サラサラ成分を上手に摂取できるのが「お刺身」で食べることです。高温で揚げると、それらの成分が溶け出してしまうといわれます。もし加熱する場合でも表面に小麦粉をまぶした「ムニエル」や、ことこと煮る「煮魚」などに。調理方法を工夫して、有効成分もしっかり摂取できるようにしていきましょう!

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。