4月20日
アブラナ科の抗酸化作用を活用しよう

動脈硬化を予防するには、悪玉コレステロールや細胞が「酸化」しないように防ぐ必要があります。そこで活躍するのが「βカロチン」「ビタミンC」などの「抗酸化物質」です。アブラナ科の野菜には、この抗酸化物質が豊富にふくまれていますから、いつまでも若々しい血管を維持することにつながります。カリフラワー、キャベツ、ブロッコリー、白菜、チンゲンサイ、小松菜など…毎日の食生活に上手に取り入れていきたいですね。

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。