5月5日
納豆で、血栓予防をこころがけよう

血液中の「フィブリノーゲン」というタンパク質の一種が、「フェブリン」に変化して、それが集まって血栓ができます。納豆のネバネバは、「ナットウキナーゼ」と呼ばれる酵素で、その血栓を溶かす働きがあるのです。食生活の中に納豆を上手に活用していきたいですね。

前へ

バックナンバー

2008年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。