5月21日
亜麻仁を、生食で摂取してみよう

亜麻仁(あまに)は、「亜麻(あま)」という一年草の種子のことをいいます。豊富な食物繊維が含まれており、古くから北欧などでパンに混ぜたり、オイルにされたりと活用されています。ゴマなどと同じように、この亜麻仁をつぶして搾った油が「亜麻仁油(あまにあぶら)」と呼ばれます。ただ亜麻仁は酸化しやすい性質であるため、一般のサラダ油のように扱うのは難しいとされています。そのため、サラダにかけたり、パンにつけたりなど「生」で摂るか、サプリメントで効果的に摂取するといいでしょう。

前へ

バックナンバー

2008年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。