6月4日
噛むことで、顔のタルミをなくそう

唾液には、「パロチン」という老化防止に効くホルモンが含まれています。でも、現代人は噛むことが少なくなり、唾液の量が減少しているといわれます。よく噛むことは「若返りホルモン」をドンドン分泌させているわけですから、これは意識しない手はないですね!一日に何回噛んでいるか、まずは自分の回数を数えるところからはじめてみましょう。

前へ

バックナンバー

2008年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。