6月16日
ショウウイキョウを調味料に使おう

ショウウイキョウ(小茴香)は、東洋医学的に胃を温めて、働きを良くする効果があります。さらには冷えによる腹部の痛みを緩和したり、血の巡りを良くする働きもあります。若い葉や種は、英語でフェンネルと呼ばれ、調味料として肉料理やピクルス、パンに使われたり、ハーブとして化粧品などにも使われます。果実は、生薬の「茴香」で、健胃作用があるため漢方薬にも使われています。まずは調味料として、活用してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2008年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。