7月3日
胚芽の成分で、生活習慣病を予防しよう

玄米には「胚芽」という部分があって、ギャバという成分が豊富に含まれています。特に注目したいのは、中性脂肪を減らしたり、血糖値、血圧を下げる効果です。玄米には白米にはない成分がたくさん含まれていますので、上手に毎日の食事に取り入れていくと、とてもよいと思います。ただ胚芽米の場合は「酸化」しやすい性質をもっているため、大量に購入してストックしないように注意してくださいね。

前へ

バックナンバー

2008年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。