7月22日
緑豆を調理して、夏バテにそなえよう

緑豆(りょくとう)は、東洋医学的に体にたまった余分な熱を収めたり、利尿作用で体の中の毒素を出す働きがあります。ですので、料理に利用すると「夏バテ」を予防することもできます。ただ「涼性」であるために、胃腸が冷えやすい方は食べ過ぎないほうがいいようです。体調が悪く、カラダが衰えているときにも、食べるのは控えめにするといいでしょう。

前へ

バックナンバー

2008年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。