7月23日
口臭、便臭、体臭予防をしよう

腸内環境が悪くなると、腸内の「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスが崩れてしまいます。そのために、食べたものが腸内で異常発酵して、悪臭ガスを発生させることもあります。それがそのまま腸へ吸収されると、血液中にとけこんで「口臭」「便臭」「体臭」の原因になるのです。暴飲暴食で腸の働きを衰えさせると「腸内環境」も崩れやすくなりますから、食事の摂り方には十分に注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2008年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。