7月25日
日本酒を飲んで、大きな病気を予防しよう

私たちはストレスが溜まると、興奮を鎮める脳内物質セロトニンが不足してイライラしてしまいます。そんなとき、「日本酒」を少し飲むといいでしょう。「日本酒」には、アミノ酸が豊富に含まれていますから、セロトニンを補い、ストレスの解消につながります。さらにアミノ酸には免疫を調整したり、抗がん作用などがありますから、生活習慣病の予防にもつながります。

前へ

バックナンバー

2008年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。