8月5日
脳内出血について理解しておこう

脳は、軟膜(なんまく)、くも膜、硬膜といった膜に覆われ、その外側には「頭蓋骨」があり、脳を保護しているのですが、その中心にある脳には細い血管が無数にあります。高血圧など、強い圧力が血管の壁にかかると、この血管が傷ついたり、もろくなるんですね。そのもろくなった血管が風船のように膨れて、やぶれてしまうのが「脳内出血」なのです。高血圧が脳の血管をいためて、大きな病気につながることを理解しておきましょう。

前へ

バックナンバー

2008年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。